【中華定番漬物】ザーサイの食べ方から節約レシピを紹介!

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、黒ブタです♩

皆さんは、中華の定番漬物「搾菜(ザーサイ)」を食べたことはありますか?

中華料理店でしか馴染みのないザーサイですが、実はコーヒーと輸入食品の「Jupiter(ジュピター)」で購入できるなど身近な場所で手に入るのです!

今回は、ザーサイの食べ方や節約レシピを紹介します。

 

次の記事もどうぞ▶▶▶

  • 「業務スーパーのリッチチーズケーキ評価!」の記事はこちら
  • 「あのヨーグルト4種を徹底比較!」の記事はこちら
  • 「出張に欠かせない便利グッズとは!」の記事はこちら
  • 「理系学生におすすめのドラマ!」の記事はこちら
  • 「世帯収入500万専業主婦の貯金額を大公開!」の記事はこちら

 

搾菜(ザーサイ)とは?

茎にある大きなコブが特徴的なアブラナ科アブラナ属の植物で、そのコブを漬物にして食べます。

この他にも、「キャベツ」「カリフラワー」「カブ」「チンゲンサイ」などがアブラナ属です。

日本でもザーサイは栽培されていますが、歴史的には中国が発祥の地で、1930年頃から四川省で本格的に製造されています。

ジュピターでは、「四川極品搾菜」という商品が500g170円程で販売されていましたが、「四川」と商品名に付けているのは、四川省発祥だからなのでしょう。そして500gが167円、つまり100g33円です。もやしより安いですね。

日本でのザーサイといえば、中華料理屋か桃屋のイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

桃屋のザーサイの産地は重慶で、工場は広東省と中国産です。しかも、発売はおよそ50年前の1968年でそこから基本的な作り方は変えていないんです。

日本のザーサイ文化は桃屋で作られていると言っても過言ではありませんね!

 

 ザーサイの定番節約レシピ

おすすめレシピ

  • ザーサイ炒飯
  • ザーサイ入り卵スープ
  • ザーサイもやし炒め

本場の中国ではお粥に入れますが、日本人は風邪の時くらいしかお粥を食べないので、私の場合、初日は炒飯にして余ったザーサイを野菜炒めとスープにしています。

また、ザーサイはとても安く購入できます。100g33円なので、グラムで計算するともやしより安いんです。

ザーサイに合う食材は「米・スープ」といった腹持ちが良い物、そして節約大王の「もやし」であり、「ザーサイ×もやし」という節約食材の共演です。

塩分もあってご飯が進みますし、節約という観点では素晴らしいパフォーマンスですね。

お値段は高くなりますが、変わり種レシピとして「ザーサイカプレーゼ」もあるみたいです。普通のカプレーゼに、みじん切りザーサイを追加するだけなのでとても簡単です。

 

ザーサイの下処理(塩抜き)

各商品によって違いはありますが「塩抜き」は必須です。塩抜きしないとしょっぱくて食べれません。

今回は、ジュピターで購入した「四川極品搾菜」(170円)の塩抜きについて説明します。

塩抜きの方法

  1. ザーサイを洗う(※赤い色素が飛ぶので注意)
  2. 食べやすい大きさに切る(※塩抜きの時間を短縮できる)
  3. 水を何度か交換しながら2~3時間置く
  4. 塩抜き完了

パッケージの裏には、塩抜き時間20分と書いてありましたが、私は塩分が強く感じたので倍以上塩抜きしました。30分に1度食べながら塩加減を確認して味をチェックしましょう。

注意点

ザーサイに付いている色素成分はかなりガンコです。まな板や蛇口の樹脂にも色素が付いてしまい、赤色になってしまいました(汗)ザーサイを切る場合、まな板の上に牛乳パックやクッキングシート等を敷いてから切ると良いでしょう。

 

まとめ

日本人にはあまり馴染みのないザーサイですが、炒飯やスープなら気兼ねなく食べることが出来ますよね。

茎にある大きなコブであるザーサイに興味がある方は、「四川極品搾菜」や「桃屋の搾菜」をインターネットで購入可能なので、是非確認してみて下さい♩

 

次の記事もどうぞ▶▶▶

  • 「業務スーパーのリッチチーズケーキ評価!」の記事はこちら
  • 「あのヨーグルト4種を徹底比較!」の記事はこちら
  • 「出張に欠かせない便利グッズとは!」の記事はこちら
  • 「理系学生におすすめのドラマ!」の記事はこちら
  • 「世帯収入500万専業主婦の貯金額を大公開!」の記事はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました