【Zesta】ゼスタのおすすめ「ハーブティーセレクション」をレビュー!

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、黒ブタです♩

今回は、コーヒーと輸入食品のジュピターで新しく購入した「Zesta(ゼスタ)」と言う、ハーブティーアソートの紹介です。

紅茶は種類がとても多いので、ゼスタの購入で悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

次の記事もどうぞ▶▶▶

  • 「高機能でオシャレな水出しポット!」の記事はこちら
  • 「室内が見えないレースカーテン!」の記事はこちら
  • 「コストコ会員カードを忘れても入場&給油可能な方法」の記事はこちら
  • 「ときめきポイントのお得な交換方法!」の記事はこちら
  • 「家族で座れるおしゃれコタツ!」の記事はこちら
  • 「パナソニックおすすめコーヒーメーカー!」の記事はこちら

 

Zesta(ゼスタ)とは

 

ゼスタは、スリランカ国内でトップシェア35%を占めるワタワラティーセイロン社のブランド名で、スリランカのNo.1メーカーです。

ゼスタの他にもBASILUR(バシラー)がありますが、ゼスタの方が庶民的メーカーのようで、現地ではティーパック25個入りで100円未満と格安で購入できます。

スリランカで幅広く飲まれている紅茶と聞くと、飲んでみたくなりますよね♩

 

ワタワラティーセイロン社のサイト内に、こんな一説がありました。

                         Watawala Tea Ceylon Ltd has now become everyone’s cup of tea.

引用元:https://watawalatea.com/

日本語で言えば、

ワタワラティーセイロン社は、今や「みんなの紅茶」になっています

と、言ったところでしょうか。

日本では、イングランドにあるリプトンやロンドンのトワイニングが有名ですが、イギリスの植民地だったスリランカにも良いメーカーがあるようですね。

 

Herbal Tea Selectionについて

概要

ハーブティー好きの皆さんには、間違いなくおすすめの紅茶です。

価格

  • 20パック入り(※1個あたり約20円)で 407円(税込)

フレーバー

  1. カモミール
  2. ローズヒップ
  3. ペパーミント
  4. ハニーブッシュ

 

特徴

馴染みのあるハーブや珍しいハーブが多種多様に入っています。

①定番ハーブ(ドイツ産)

  • 【カモミール】 :牛乳と割ると美味しいヨーロッパ定番のハーブ
  • 【ローズヒップ】:美容に良いと言われ酸味が好きな方向きのハーブ
  • 【ペパーミント】:ミントでスッキリ爽快感があるハーブ

 

②ハニーブッシュ(南アフリカ産)

ハニーブッシュは、他メーカーにはないラインナップです。

ハニーブッシュとは、約2mあるマメ科植物を使用した南アフリカ産のハーブティーのこと。

南アフリカ産のハーブティーと言えば「ルイボスティー」が有名ですが、ハニーブッシュの知名度は低く日本への輸入量はルイボスティーの1/100です。

ハニーブッシュと言う名前の通り、ハチミツのような甘い香りが特徴ですが、ハーブティーなので甘さはありません。化学的には、ゲラニオールと言うバラの香りが主成分なので、バラに似た香りと表現されることも多いです。

また、ハニーブッシュは「ノンカフェイン」「低タンニン」なので、妊娠中などカフェイン摂取を気にする方にもおすすめですね。

ハニーブッシュを調べると「ゲロニオール」という記載がありますが、日本語としては「ゲラニオール」で調べると出てきます。

 

人気の理由

  • HoneyBushを直訳すると「ハチミツの茂み」となり甘くて美味しそうなネーミング
  • PMS、血糖値、更年期障害、骨粗しょう症、気管支炎などに効くといわれる効能性
  • ノンカフェイン
  • 香りが良い

効能はなんとも言えませんが、ハニーブッシュと言うネーミングとノンカフェインと言う点は、話題を得るには十分過ぎる要素だと思います。ルイボスティーが流行した時のように、ハニーブッシュが流行る日も来るでしょう。

 

ハニーブッシュの産地を詳しく調べてみると、スリランカのディンブラ地区のセイロンティーを使用していました。

セイロンティーとは、スリランカ産紅茶の総称のこと。

スリランカのディンブラ地区ってどこ?という方は、Google Mapで確認してみましょう。

スリランカの南側ですよ。

 

③ドイツ紅茶が飲める

ワタワラティーセイロン社はスリランカの会社ですが、紅茶の産地が南アフリカ産(ハニーブッシュ)で、その他はなんとドイツ産です。

ドイツと言うと、お昼からドイツビールを飲んでそうなイメージですが、紅茶文化が浸透しているそうで、1823年創業の老舗紅茶メーカーロンネフェルトや、1873年創業のアイレスはドイツのメーカーです。

特に、ハーブティーが人気と言うこともあり、ゼスタのハーブティーがドイツ産というのは納得ですね。

 

おすすめポイント

皆さんは、紅茶を購入する時どのように選んでいますか?

リプトンは有名だから間違いないよ!

トワイニングはよく見かけるし大丈夫でしょう!

ではなく、下記理由を踏まえてゼスタの紅茶を飲んでみましょう♩

 

購入理由

  • 有名ブランドより安い
  • スリランカの国民に人気があるブランドである(スリランカのシェア率35%)
  • 珍しいフレーバー「ハニーブッシュ」が入っている
  • 他ブランドに見劣りすることなく味や風味が良い

 

味や風味に関して個人差はありますが、私はとても気に入っています。

今回は、ハーブティーアソートを紹介しましたが、ジュピターには沢山の種類がありました。

 

まとめ

普段は違う種類のハーブティーを飲んでるという方や、いきなり沢山買うのは怖いという方は、ゼスタのアソートを購入しましょう。

毎月紅茶やハーブティーを購入して飲んでいる私ですが、ワンコインで購入できるのでお財布にも優しく楽しんでいます。

ハーブティーと共に癒しの休日を過ごしましょう♩

 

次の記事もどうぞ▶▶▶

  • 「高機能でオシャレな水出しポット!」の記事はこちら
  • 「室内が見えないレースカーテン!」の記事はこちら
  • 「コストコ会員カードを忘れても入場&給油可能な方法」の記事はこちら
  • 「ときめきポイントのお得な交換方法!」の記事はこちら
  • 「家族で座れるおしゃれコタツ!」の記事はこちら
  • 「パナソニックおすすめコーヒーメーカー!」の記事はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました